東京商工会議所の検定試験は2021年度からIBT(インターネット経由での試験)に変わります!

 東京商工会議所が運営する6つの検定試験【カラーコーディネーター・ビジネス実務法務・ビジネスマネジャー・福祉住環境コーディネーター・BATIC(国際会計試験)・環境社会(eco)】は、コロナ禍にあっても継続可能な試験運営を目指して、2021年度から試験方法をIBT(インターネット経由での試験)に一新します

東商検定IBTとは?

 IBT(Internet Based Test)とは、インターネットを通じてご自身のパソコンで試験を受けていただく試験方法です。試験のお申込みから、受験、成績の確認まで、すべてインターネットで手続きが可能です。IBTでは試験会場にお集まりいただくことなく、ご自宅や会社等でご自身のパソコンから試験を受けていただくことが可能です。新しい生活様式に対応した東商検定で、人材育成をお手伝いします。

東商検定IBT 2021年度・第1シーズンのお申込みが始まります

 6月1日(火)より、2021年度 第1シーズンのお申込みが始まります。詳しくは下記ホームページでご確認ください。

この記事を書いた人

滋賀県商工会議所連合会