「Innovation Ecosystem in Shiga」参加者募集のご案内

滋賀県からのお知らせです

 滋賀県は環境産業の育成振興を図るため、平成10年から22年間「びわ湖環境ビジネスメッセ」を実施し、多くの商談や販路開拓等に大きく貢献してきたところですが、2019年を最後に終了することになりました。環境先進県滋賀県としては、メッセが担ってきた役割やその成果を、未来に向けてしっかりと継承していく必要があると考えています。 
 また、県では2020年1月、「“しがCO2ネットゼロ”ムーブメント」キックオフ宣言を行っており、国においても宣言がなされるなど、脱炭素に向けた世界的な潮流が加速してきています。
 このような背景の中、滋賀県は、ともにメッセを運営してきた滋賀経済産業協会との協働により、CO2ネットゼロをはじめとする社会的課題の解決につながるオープンイノベーションを創出するため、今年度、新たにビジネスマッチングの場を設けることとしました。
 大手企業・大学が求める環境を軸とするニーズ・シーズと、中小企業が持つ技術がマッチングすることにより、新たな事業・製品・サービスの創出や、新しい価値の創造につなげていただきたいと考えています。新しい取組に挑戦する皆様の積極的なご参加を、心からお待ちしています。(参加料は無料です。)

ビジネスマッチング会の概要

大手企業・大学から「求めたい・提供したい技術」を発表いただく説明会を実施するとともに、会場内に展示・相談・商談スペースを併設し、マッチングを行います。概要は以下のとおりです。

開催日時(予定)第1回目9月1日/第2回目11月16日/第3回目2月17日
開催場所県内のホテル会場(第1回目、第3回目は草津、第2回目は長浜を予定)
対象者県内に事業所を置き、オープンイノベーションで自社の技術・サービスソリューションを
提供したい企業(業種は問いません。)

参加予定の大手企業・大学

第1回目エネルギー関連企業(大阪ガス(株)、関西電力グループ、(株)三社電機製作所)
第2回目大学グリーン関連研究機関(立命館大学、龍谷大学、長浜バイオ大学、滋賀県立大学)
第3回目製造・物流関連企業(ダイフクグループ、オムロン(株)、パナソニック(株)、オプテックスグループ)
定員1回あたり100名程度(会員登録順。ただし、定員を超過した場合、提案書を提出いただいている
企業を優先する場合があります。)

ビジネスマッチング会にご参加を希望される場合は、会員登録が必要となります。

会員登録はコチラから⇓

お問合せ

滋賀県商工観光労働部モノづくり振興課 
TEL:077-528-3791
FAX:077-528-4876
メールアドレス:fd00@pref.shiga.lg.jp

この記事を書いた人

滋賀県商工会議所連合会