「新しい生活様式」における熱中症予防行動をしましょう

滋賀県からのお知らせです

 マスクをすることで、熱中症のリスクは高まります。
 マスクを着けると皮膚からの熱が逃げにくくなったり、気づかないうちに脱水になるなど、体温調節がしづらくなってしまいます。暑さを避け、水分を取るなどの「熱中症予防」とマスク、換気などの「新しい生活様式」を両立させましょう。
 屋外で、人と2メートル以上(十分な距離)離れているときはマスクをはずしましょう。のどが渇いてなくてもこまめに水分補給をしましょう。気温・湿度が高い時は特に注意しましょう。

この記事を書いた人

滋賀県商工会議所連合会